HOME>アーカイブ>手間を省いて効率的な不動産投資をするには

最大のリスクは空室

握手

人口減少社会といわれる今日でも、滋賀県では大阪や京都のベッドタウンとして住宅開発が進められており、賃貸住宅の需要も伸びつつあります。とはいえ建てさえすれば満室になるというわけではありません。アパートや賃貸マンションの経営では、空室が最大のリスクになります。想定した利回りを達成するには、タイムリーな募集広告をかけるとともに、入居者を満足させるきめ細かい管理が必要です。賃貸経営の初心者にとって、これは必ずしも容易なことではありません。募集広告から設備の管理まで、賃貸経営の実務を代行するのが賃貸管理会社の役割です。豊富な経験とノウハウを持つ賃貸管理会社を利用すれば、空室を最低限に抑えて利回りを向上させることができます。また万が一入居者とのトラブルになっても、オーナーの代わりに対処してくれるので安心です。リスクを下げてリターンを確保する手軽な手段といえるでしょう。

信頼できる会社とは

模型

滋賀県にも数多くの賃貸管理会社があるので、初心者はどこを選んだらよいか迷うかもしれません。ともかく空室を避けることが最大の目的ですから、知名度が高く幅広いネットワークを持つ会社が有利といえます。ローカルな会社でも、地元に強みを持っていれば選択肢に入れてよいでしょう。物件の近くに賃貸管理会社の拠点があれば、何か起きた時にも素早く対応してもらえます。管理体制がしっかりしているか、丁寧な説明をしてくれるかもポイントになります。入居者の満足度を上げるには、日常的な点検や細かな補修が欠かせません。また賃貸経営の最終目的は資産形成ですから、適切な出口戦略をアドバイスしてくれる賃貸管理会社が望ましいといえます。

広告募集中